読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なまけもの随筆集

怠け者です。

20151005 モノクロフィルム(35mm)の値段の比較をする

写真 自家現像

モノクロフィルム(35mm)の値段を比較をしてみた。
独断と偏見を対象を選んだ。

  • 対象
    • ACROS100
    • HP5 PLUS バラ売り、100feet
    • Kentmere400 バラ売り、100feet
    • TRI-X400 バラ売り、100feet
    • 餃子 自家製、冷凍
  • ルール
    • 36枚撮り1本あたりの値段を競う
    • 100feetは36枚撮り18本ということにした
    • ヨドバシは税込価格から10%を還元した価格にした。また、ヨドバシの送料は無料とした
    • B&Hは1ドル=120円で計算。計算式は(品代+送料)/ 18 * 120(バラ売りは(品代+送料)*120)
    • クレジットカードの事務手数料は無視した
    • 1本あたりを比較して明らかにヨドバシが安い場合はB&Hの計算はしない
結果

表中の数字の単位はすべて日本円

f:id:na_makemono:20151005223908p:plain
f:id:na_makemono:20151005224547p:plain

  • 感想

ACROS100は残念ながら今月から値上げした。この表は値上げ前から作っていたので旧価格も混ぜてたままにした(これを書いている時点ではB&Hでは値上げされてなかった)
国内で買うにはこれが一番安い。100feetは販売していない。1本あたりの値段はヨドバシが528円と安い。問題は感度。ISO100である。ISO400あれば便利だなと思ってしまう。便利に使いたいならデジカメ使えと言われそう。400での増感現像のレシピを見つけたが試せずにいる。

HP5PLUSは売値がおかしい。100feetの場合、ヨドバシで10%引きしても13266円なのに対し、B&Hでは54.9ドル(6588円)だ。送料が約7ドル(DHL Saver、到着まで半月?1ヶ月?)。送料込みで約62ドル(約7440円)。ヨドバシのように数日では届かないにしても、価格はヨドバシの約1/2の値段である。1本あたりは約413円の計算だ。これなら数万円分もまとめ買いしなくてもヨドバシよりかなり安く使える計算になる。

Kentmere400の100feetはB&Hで買えば今回の比較の中では最安である。HP5PLUSと同様、B&Hでの販売価格がヨドバシの半分以下、送料入れても半分以下という現象が起きている。ILFORD系はアメリカでは安いということでいいだろうか。

TRI-Xは、もうよくわからん。なんで100feetのほうが1本あたりの値段が高いんだ?売る気ないだろ・・・。日本でISO400を買うならこれかな。
B&Hで100本単位で買えばヨドバシで買うより安くなりそうである。しかし、金額がそれなりになるので庶民にはなかなか手が出せない。結局使うのだから買ってしまえと思うけど、1回の支払いが多いし、置き場に困るので、やはり難しいか。

さて、餃子だが、冷凍と手作りで思ったよりも価格差が出なかった。ということは、手作りは手間がかかるだけで利点がないのではないかと思ってしまう。双方の利点、欠点をあげればキリがないので省く。
餃子1個あたりの価格は15円前後とフィルムに比べて安い。フィルムと餃子を比べてどうすのか、なぜ餃子を入れたのか、その他すべて不明である。

フィルム1つ(レア物は別として)を海外から買う人はいないと思うが、HP5PLUSとKentmere400の100feetなら1つからでも値段的にはあり。中途半端に2つを買ってしまうと、1番安い配送方法(DHL Saver)が使えなくなり、送料が30ドル40ドル・・・となってしまう。そうなると1本あたりの値段も上がってしまうので、まとめて買うなら送料をよくみて、計算してから購入したほうがよい。

まとめると、国内で、とにかく安く買うならACROS100。ISO400ならKentmere400の100feet。海外まで目を向けるならKentmereシリーズということになった。