読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なまけもの随筆集

怠け者です。

ネガキャリアにガラスをつける

引き伸ばし日記 写真

僕が使っているネガキャリアは35mmフィルムサイズの穴があいているタイプのものだ。
これがどうも、挟んだ時のネガの平面性が気になる。特に端のコマ、僕は6コマづつ切るので6、7、12、13コマ目など。平面性を上げるために、ガラス付きのネガキャリアというものがあるのは知っていたが、なかなか手に入りそうもないし、値段も張るので、作ってみることにした。


用意したのはgepeのアンチニュートンガラス付きスライドマウント。6x6サイズを使ったが、少し大きかったので、6x4.5でも良かったかもしれない。

スライドマウントのアンチニュートンガラス部分を外す。簡単に外れる。ガラスの切断面がネガを傷付ける恐れがあるらしいので、ヤスリをかけた。
あとは貼り付けるだけだ。接着剤やボンドを使ってもいいのだが、うまく剥がせなくなると困るのでパーマセルテープを使った。

これで完成。試しにネガを挟んでみたらしっかりと押さえつけてくれた。実際にこれを使ってプリントをしていないので、まだ成功とは言えない。間違いなく言えることは、これまで以上にホコリとの戦いになるということだ。それでも、フィルムのカールでボケるよりホコリが写ってしまうほうがマシだ。

今回の方法はネガキャリアにガラス2枚分の厚さが加わるので引き伸ばし機の構造によっては使えないかもしれないのでご注意を。


下記のページを参考にさせていただきました。

ラッキー90M-S 『水平調節をする』の巻 その4 ~ネガキャリア編~ : レンジファインダーな日々


20160306 追記
問題なく使えました。